「2009年 9月の日記」

2017年5月21日ボブ【中華&日本酒バル】

寝不足かもしれない、、、、

お腹が痛い。

 

 

 

 

 

 

 

でもまけないYO

こにゃにゃちわ~、

「中華&日本酒バル~ぼぶ」のボブです★

写真は福岡のおさけだYO

めちゃうまだYO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい。

この物語りは、

あたしの実体験の、

青春時代の話です。

①ケン→あたし(別れた父の名前)

②もりちゃん→友

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~中学3年生~

 

 

どーも足の裏とてもとても痛いビーオービです。

去年わかれたかずみからいきなりのメールで戸惑っていた僕は、

中学の頃のかずみと初めてあったころの事をおもいだしてた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

僕の夏はあの日で終わってしまいました。
学校生活のほとんどを野球で過ごしてた僕は夏休みをどう過ごしていいかわからなかった。

何もせず家でダラダラと過ごしてた僕はある日、

友達の森ちゃんから電話がきて、

「何してる?どーせ暇だろ?今から家こないか?」

まーやることもなかった僕は森ちゃんの家に向かった。

家に着くと、何故か森ちゃんの彼女のアヤコちゃんが。

僕は昔アヤコちゃんが好きだったが、

森ちゃんがアヤコちゃんの事を気になりだして、
恋のキューピッド役になってあげたのだ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

森ちゃんもつい口走って僕がアヤコちゃんの事が、

好きだった事を言ってしまったのである。
それからあまり喋る事もなかったので少し気まずかった。

普通に三人で会話してたら、

ピンポーン。

誰か来た?

ドアが開くとそこには同じクラスのかずみちゃんがたっていた。
(中学の頃はかずみちゃんと呼んでいた)

????

よくわからないが四人集まってそこから飲み会が始まった。

かずみとは夏休み前の学校際で初めて喋った。
僕が演劇でチンピラ役やり、その時のアクションシーンの、

音響をかずみがやっていた。

挨拶程度しかしてなかったから、何故今四人で飲んでるかわからなかった。

まぁみんな酒も少し周り楽しい感じになってきた。
するといきなり森ちゃんとアヤコちゃんが部屋からでていこうとしてた。

「森ちゃんどこいくの?」

「コンビニいってくるわ」

かずみちゃんと二人きりになってしまった。

まぁそれでも会話は弾み楽しく喋ってた。
するといきなりかずみちゃんが、

「ケン君は気になる人いないの?」

「今はいないよ」

「でも前はアヤコちゃんの事好きだったんでしょ?」

「そーだったけど今は森ちゃんと上手くやってるから俺も嬉しいよ」

「ケン君優しいんだね」

「そんな事ないよ。かずみちゃんは気になる人いないの?」

「なんで今日いきなり私が来た理由わかんない?」

「まだ気づかないの?ケン君鈍感なんだね。」

??

「私が気になってるのはケン君です。付き合ってほしい、、です」

キターーー!!!

ってことでかずみと僕の付き合った瞬間マジだよ。全員集合でした。

 
 
 
 
 
 
 
 
はい。
これはあたしが、
24歳の時かな?
ミクシーの日記に書いやつです(笑)
長くてすいません(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは今日はまだ空いてます。
本日は当店の忘年会がある為、
24時には店を閉めますので、
よろしくお願いします。
 
 
 
 
 
 
 
それではよろしk
The following two tabs change content below.
中野宣弘

中野宣弘

元ラッパーという変わった経歴の店主元同じメンバーには、 某有名アーティストが(笑)北の都ススキノで、 居酒屋をオープン!美味しい料理と美味しいお酒を★ 南5条西5丁目美松タワービル4階 090-9432-8303

2017年5月21日ボブ【中華&日本酒バル】

Posted by 中野宣弘